ショック!!冬の結露、レースカーテンについてしまった黒カビを落とす方法

TIPS/暮らしのお役立ち情報

冬になるとどうしても窓に結露が発生し、気がつけばカーテンにカビが><っていうこともよくあるようです。我が家でも去年初の黒カビ発生で、びっくりしました。1年に最低1~2度は洗っていたので、けっこうショックでした。この年は1回だけしか洗っていなかったのかも。ソファーを窓にくっつけていたのにも問題があったのかも知れません。

とにかく、さて、どうしたものか、そもそも取れるのか、とれなければ買い替えか。。とりあえず何かやってみようと調べてみました。

浴室だけじゃない!黒カビには、カーテンにだってカビキラー?!

いろいろ調べた中で、一番有力だったのはこの情報、

「黒カビにはカビキラー」

カビキラー

調べた中では、

・値段もお手頃価格のカーテンで黒カビとれました。

・高いカーテンだったけど、黒カビとれました。

・金糸の入ったカーテンでは無理。

色々。

我が家のカーテンは、セルコンというメーカーのカーテンで、金糸の入ったもの。購入金額は、サンゲツさんなどのメーカーと同じような金額だったと思います。

とりあえずやるしかない!と、ダメ元でチャレンジしてみました。

どうなるんだろう~。。><

レッツ チャレンジ!

お恥ずかしながら、我が家の黒かびさんです。もう見るのも嫌ですね><。
カビキラー

この黒かびに、ドキドキしながら、買ってきたカビキラーをシュッシュッ。

カビキラー

見た感じは大丈夫そう?でも、アワアワでよく見えない。。

カビキラー

5分で根に効くとありますが、金糸入りのカーテンだったのでそれほど時間をおかず、

少しだけ時間をおいてからよ~く洗い流してみました。

すると。。。

すっきり綺麗に!!
カビキラー

よ、よかった。

見たところ金糸部分も無事。けっこう早めに洗い流したんですが、すっきりとれました。

これで、このカーテンともまたしばらく一緒に暮らせます。よかったよかった^^

まとめ

白いレースカーテンは、カビキラーでも取れる可能性あり。

でも生地が傷んだりすることもあると思うので、ダメ元で考える場合には、自己責任の範囲でお試ししてみてもいいのではないでしょうか。後は、カビキラーを使うときは必ず換気をしてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください