手軽なスマホの防水ケースは本当に水が入らないのか検証してみた。

REVIEWS/お買い物レビュー

お手軽に水中写真を撮ってみようとスマホ用防水ケースを購入してみました。
スマホ 防水ケース

果たして本当に水は入らず撮影できるのか。

購入したのは、防水最高水準のIPX8の防水ケース

スマホ 防水ケーススマホ 防水ケース

購入したのは、防水最高水準のIPX8というもの。

IPX8というのは、水深20mで30分間の防水が可能ということで、我が家はシーウォークや海、プール用に購入しました。

一つは、裏も表もクリアタイプ(左)、もう一つは首と腕で使える2WAYタイプ(右)。

スマホ 防水ケーススマホ 防水ケース

それぞれ、上部分でオープンします。
スマホ 防水ケーススマホ 防水ケーススマホ 防水ケーススマホ 防水ケース

スマホ 防水ケーススマホ 防水ケース

世界水準防水ということで、口コミ評価も高かったのですが、実際使ってみて水が入ってくるなんていうことになっては大変なので、まずは実験してみました。

実験開始!

まずは、キッチンペーパーを防水ケースに入れ、蓋を閉じます。
スマホ 防水ケース

そして洗面器に水をはり、浮かないようにおもりをのせます。
スマホ 防水ケース

そのままの状態で朝から夜まで約10時間ほど置いて取り出してみました。
スマホ 防水ケース

さて、キッチンペーパーはどうなっているのでしょうか。

中のキッチンペーパーの結果は?

一つ目。
スマホ 防水ケース

二つ目。
スマホ 防水ケース

ニつとも、無事でした♪おぉ~^^

ニつともケースの外からのスマホ操作もばっちりばっちり。
スマホ 防水ケース

2つの防水ケースの違い

長時間水につけておいて、どちらも水が入らなかった防水ケースの違いは、値段と仕様。

【値段】
プラムレッドの方が1000円(送料込)ブラックが580円(送料込)

【仕様】
プラムレッド ⇒ ネックストラップ付き。表裏両面がクリアで写真や動画が撮りやすくて便利。
スマホ 防水ケーススマホ 防水ケース

ブラック ⇒ ネックストラップ、アームバンド付きで腕に取り付けて、2WAYで使えるのが魅力。
スマホ 防水ケーススマホ 防水ケース

このブラックの方は、カメラレンズ側の裏面の窓が小さく、スマホを移動させないといけなかったりするので、その点がちょっとマイナスですね。(スマホの種類:XPERIA/エクスペリア)
スマホ 防水ケーススマホ 防水ケース

実際使ってみてわかったこと

家での実験では、水は入らなかったんですが、実際使ってみてわかったことがあります。

それは、一度開けると水が入る。

防水ケースのフタを開けると、どうしても蓋の隙間部分についた水が入りやすくなります。小銭などを入れて、出し入れしする場合はスマホと一緒に入れないほうがいいです。
スマホ 防水ケース

一度蓋をあけた時に蓋の隙間の水が透明ケースの方に入ってしまうと、取り除くのが少々面倒でした。

まとめ

カメラ専用の水中ケースを購入すると高くなりますが、防水最高水準IPX8の防水ケースだと格安で手軽に水中の写真がとれてよかったです。水深4m~5mほどのシーウォークやプール、海遊び、スノーケリングなどの時はこれからも活用できそうです。スキーなどの時にも使えそうで、ケースに入れたまま撮影できるというのが魅力的な防水ケースでした♪

どちらかというとプラムレッドの防水ケースタイプの方がおすすめ。
スマホ 防水ケース

ブラックの方は、腕に取り付けできるのは魅力なんですが、蓋の開け閉め部分がブラックの方はぴっちりすぎて固くて開けにくく、爪が折れるかと思いました^^;あとカメラレンズ部分側がプラムレッド防水ケースのように窓が全面クリアの方が、ストレスなくとれてよかったです。

スマホ 防水ケーススマホ 防水ケース

とにかく今回は購入してよかった!海の中の写真や映像は、また格別です^^

カラーもいろいろ選べるようなので、家族で色を分けて使われるのもいいですね♪

追記 : 動画アップしました(

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください